アーカイブ 2020年06月 | ant2マガジン | CMSなら「ant2-ASP」でホームページ制作!

ant2マガジン

2020年06月

2020.06.24

Google コアアルゴリズムについて‐コアアップデート‐

こんにちは。
アントアントのメルマガ担当です。
いつもメールマガジン「ここだけは知っておきたい編」をご覧いただき、
誠にありがとうございます。
今回のテーマは「Google コアアルゴリズムについて」です。

Googleアルゴリズムとは

アルゴリズムとはプログラムを作るときに用いる問題を解決するための計算方法・手順とされています。
Googleは独自のアルゴリズムによって検索結果の順位を決定しており、この検索順位を決めるための算出方法・手順が
【Googleアルゴリズム】です。

Googleのアルゴリズムでは、最も有用な情報を表示するために1つのアルゴリズムだけでなく、
いくつものアルゴリズムで構成されており、さまざまな要因を検討してユーザーが探している情報を
見つけやすい形で表示することを目的としています。
 詳しくはGoogleより【検索アルゴリズムの仕組み】をご確認ください。
Googleアルゴリズム(一部)

QDD
(Query Deserves Diversity)

多様性のある検索結果
キーワードに対して同じ内容ばかりの検索結果に
ならないように様々なWebサイトを表示させる
QDF
(Query Deserve Freshness)
新鮮情報のある検索結果
時事ネタなどの新しい話題が通常の検索順位決定とは
別に優先して表示させる ※一部の検索クエリに適応
MFI(Mobile First Index) モバイル端末向けのページを評価
今まではパソコン向けのページを評価して検索順位が
決まっていたが、MFI導入後はモバイル端末向けのページを評価する

これらのGoogle独自のアルゴリズムの中でも核とされているのが【Googleコアアルゴリズム】です。

Googleコアアルゴリズムアップデートとは

Googleアルゴリズムは、検索品質改善のため日々行われており年間500回以上行われており、
細かいアップデートに関しては検索順位などには大きく影響しないといわれています。
しかし、コアアルゴリズムのアップデートでは、検索アルゴリズムの土台となる部分を見直して変更を行うため、大幅な検索順位の変動が起こります。
このような大規模な変更を「コアアップデート」とGoogleでは呼んでいます。
コアアップデートのアナウンスは近年ではGoogle公式SNSでアナウンスされており、年に数回(2~4回程度)実施されます。

コアアップデートの目的とは

Googleの公式ブログより、コアアップデートの目的は
「コアアップデートは、全体として関連性が高く権威あるコンテンツを検索ユーザーに提供するため」としています。

コアアップデートによる影響

コアアップデートが行われることにより一部のサイトでは検索結果の順位が変化することがあります。

  • キーワードの検索順位の上昇・低下
  • 特定のキーワードの検索順位の上昇・低下

Googleコアアップデート対策

Googleコアアップデートに対応するためにはまずはじめにGoogleが提示している検索アルゴリズムの仕組みを理解することが重要です。

  • 検索キーワードとコンテンツの関連性(タイトル・見出し・本文)
  • コンテンツの品質(オリジナル・専門性)
  • コンテンツの表示(モバイルファーストインデックス・モバイルフレンドリー・Page Speed Insights)
ここまでお読みいただきありがとうございます。

Googleコアアップデートの対策となるテーマを過去のメルマガで配信しておりますので
是非この機会に確認してみてはいかがでしょうか。
詳しくはこちら【モバイルファーストインデックスモバイルフレンドリーPage Speed Insights

次回は引き続きGoogleコアアップデートに関係するGoogleの提示している品質ガイドライン・
過去のアップデート内容や対策について配信します。

Googleコアアルゴリズムの対策には簡単にコンテンツ更新・編集、設定を
行うことができるant2を是非ご検討ください。

2020.06.10

ドメインについて

こんにちは。
アントアントのメルマガ担当です。

いつもメールマガジン「ここだけは知っておきたい編」をご覧いただき、誠にありがとうございます。
今回はドメインについてお送りします。

★ドメインとは

ドメインはURLの末尾の文字列のことで、インターネット上の住所のようなものです。
弊社のサイトを例にすると「https://ant2oem.net/」の「ant2oem.net」の部分がドメインとなります。

また、ドメインの末尾は『トップレベルドメイン』と呼ばれ「ant2oem.net」では「.net」の部分にあたります。
トップレベルドメインには「.net」「.com」「.org」「.jp」など様々な種類が存在します。

★トップレベルドメインの種類と意味

トップレベルドメイン(以下、TLD)を更に分類すると

gTLD(分類別トップレベルドメイン)
ccTLD(国コードトップレベルドメイン)

の2種類に分類することができます。

gTLD(分類別トップレベルドメイン)

gTLDはドメイン利用者の国や地域に関わらず取得できるドメインを指します。
主なgTLDには「.net」「.com」「.org」などがあります。

「.net」...ネットワーク用のドメイン

「.com」...商業組織用のドメイン

「.org」...非営利組織用のドメイン

本来は上記のような用途で使用されていましたが、現在は誰でも取得することが可能です。

ccTLD(国コードトップレベルドメイン)

ccTLDは国や地域ごとに割り振られたドメインのことで、基本的にはISO(国際標準化機構)に規定されている2文字の国コードが使用されています。
例えば、日本のccTLDは「.jp」であり、日本に在住する人でなければ取得することができません。

また、ccTLDはセカンドレベルドメイン(トップレベルドメインの直前の文字列)によって「属性」を分けることができ、特定の条件を満たすことで登録が可能です。

たとえば「.jp」であれば、以下のようなものがあります。

種類 登録の条件
co.jp 日本国内で登記されている会社・企業が登録可能
or.jp 日本国内の特定の法人組織が登録可能
ac.jp 学校教育法などの規定による日本国内の教育機関が登録可能
go.jp 日本国の政府機関、各省庁などが登録可能

★TLDのSEOの影響

TLDの取得しやすさやコストによって差はありますが、種類によってSEOに影響を及ぼすことはないとされています。

しかし「co.jp」や「or.jp」は取得時に登録組織の情報が必要となりますので、そのドメインを取得できていることはそのまま信頼性に影響するといえます。

★高額なドメイン「.inc」について

2019年に一般登録が開始された「.inc」というTLDがあります。
”incorporated”(法人組織)の略で、会社名の英語表記に用いられる「.inc」は、法人におすすめなドメインとされています。

しかしドメインの初年度の利用料は年間10万円程度で(翌年以降はさらに高額)ハイコストなドメインです。
逆に考えれば、高額なドメインを利用することで信頼にできる企業サイトとしてアピールに繋がるかもしれません。
「.inc」はすでに世界各国で提供開始されており、実際に日本でも株式会社メルカリやグリー株式会社をはじめ、多くの企業が登録しています。

★独自ドメインとサブドメイン

独自ドメイン

ユーザーが独自で名前を決めて自分の好きなように利用できるドメインです。
独自ドメインでWEBサイトを運営する場合、蓄積された情報はその独自ドメインだけのものだと言えます。
(サブドメインを運用している場合、メインドメインと言ったりもします。)

独自ドメインの説明

サブドメイン

「独自ドメイン」をさらに細かく分割して複数のコンテンツに振り分ける際に活用できるドメインです。

サブドメイン

サイトのテーマ性を落とさずに異なるコンテンツを扱いたい場合、サブドメインが有効なケースがあります。

例えば、【https://test-ant.com】にCMS ant2に関する様々な情報が掲載されておりサイト内のテーマ性の純度が高い場合、まったく異なるコンテンツ(例:付近のレストランを紹介するページ等)をこのサイト内で扱ってしまうとテーマ性の純度は下がってしまい、SEO的にプラスとならないケースがあります。

サブドメインで異なるコンテンツ用のサイトを運用すれば、サイトごとにテーマが統一され純度の高いサイトを作ることができます。

テーマごとにサブドメインで区別化する例

・メインドメイン 【https://test-ant.com】 はCMS ant2に関するサイト

サブドメイン① 【https://restaurant.test-ant.com】 ではレストランに関するサイト

サブドメイン② 【https://animals.test-ant.com】 では動物に関するサイト

ただし、メインドメインで異なるコンテンツを扱う場合、テーマ性の純度は下がりますが、新しいページやテキストによりページボリュームが増加するメリットはあるため、必ずしもサブドメインで運用するのが正しいとも言えません。

また、関連性の高い外部サイトからのサブドメインへの被リンクは通常と同様にSEO的に有効です。
さらにサブドメインの持つサイトパワーはメインドメインへも少なからず効果があるとされています。
サブドメインのサイト評価が高ければ、メインドメインにも良い影響を及ぼすことがあるということです。
※メインドメインとサブドメインの相互リンクはSEO効果は薄いとされていますが、関連するサイトとしてリンクをかけることは不自然ではないので問題ありません。

★ant2で利用できるドメイン

CMS「ant2」ではドメインの新規取得はもちろん、現在使用中のドメインを移管してのご利用も可能です。

上記ドメインはライセンス費用(月額3,000円 税抜)への追加費用無しでご利用いただけます。

上記ドメインを弊社で管理する場合、オプションドメインとなり追加費用(月額500円 税抜)が必要となります。

※弊社でドメインを管理しない場合は追加費用は必要ありません。

近年、増えているその他の新gTLD(「.tokyo」「.shop」「.game」等)は弊社でドメインを管理しない場合のみ、利用可能です。

※日本語ドメイン(「東京.jp」「アント.jp」等)はCMS自体が非対応のため利用不可となります。

ここまでお読みいただきありがとうございます。
CMS ant2は既に取得されているドメインやサブドメインでも運用可能です。
ぜひこの機会にご検討ください!