Google Search Consoleの設定 | マニュアル一覧 | CMSなら「ant2-ASP」でホームページ制作!

Manual

CMS操作マニュアル

CMSの操作方法を作業から探せるようにマニュアル一覧にしました。
「こんな時はどうするの?」と迷った場合は、こちらをご覧ください。

Google Search Consoleの設定

Google Search Consoleでは、Googleで検索された際のページの表示に関する詳細なレポートを確認することができます。「CMS」では、このGoogle Search Consoleと連携させることができます。この機能を利用する際は、Googleアカウントを取得する必要があります。

Google Search Consoleと連携する

1
コントロールパネルの[設定][SEO対策][サイトをGoogleに登録]をクリックします。

2
“Google Search Consoleダイアログ”が表示されますので、ダイアログにある下記URLからGoogle Search Consoleにアクセスし、Googleアカウントでログインします。

3
Google Search Consoleのサイトにて、[プロパティを追加]ボタンをクリックし、“プロパティタイプの選択”で「URLプレフィックス」を選択し、入力ボックスにGoogle Search Consoleと連携させたいサイトのURLを入力後に[続行]ボタンをクリックします。

4
次に表示される“所有者の確認”で、「その他の確認方法」の[HTMLタグ]の箇所をクリックします。

5
HTMLタグの設定手順などが表示されますので、内容を確認した上で表示されたメタタグ( <meta name=" ~ " content=" ~ " />)をコピーします。

6
Google Search Consoleの画面はそのままにCMSの編集画面に戻り、“Google Search Consoleダイアログ”の《メタ タグ》に、先ほどコピーしたメタタグをペーストして、その他の項目を設定します。

メタタグ Google Search Consoleで発行されたメタタグを入力します。
サイトマップ自動作成 [作成する]ボタンをクリックすると、サイトマップファイルが自動生成されます。Google Search Consoleにサイトマップを送信する場合は、表示されたURLを送信します。
サイトマップファイル 独自のサイトマップファイルがある場合、ファイル参照のボタンを押してそのファイルをアップロードします。

7
[OK]ボタンをクリックしてダイアログを閉じ、サイトの[サイト公開]を行います。

  • サイト公開を行うまではメタタグが公開サイトに反映されないため、所有者の確認の際はサイト公開後に行ってください。

8
もう一度Google Search Consoleの画面に戻り[HTMLタグ]の[確認]ボタンをクリックし、所有権が確認されれば完了です。