メタタグの登録 | マニュアル一覧 | CMSなら「ant2-ASP」でホームページ制作!

Manual

CMS操作マニュアル

CMSの操作方法を作業から探せるようにマニュアル一覧にしました。
「こんな時はどうするの?」と迷った場合は、こちらをご覧ください。

メタタグの登録

URLごとに固有のメタタイトル、メタディスクリプションなどのメタ情報や、TwitterなどのSNSからシェアされた際に利用される情報設定(OGP:Open Graph protocol)、その他追加タグを設定することができます。

この機能の各種操作

URLごとに固有のメタタグを登録する

1
設定したいページの上で右クリックをして、ショートカットメニューから[メタタグ][メタタグを登録]を選択します。

2
“メタタグダイアログ”が表示されますので、必要項目を入力します。ダイアログの設定内容は下記「メタタグに関するダイアログの詳細」を参照してください。

3
[OK]ボタンをクリックして完了です。

メタタグに関するダイアログの詳細

【基本設定】タブ

対象URL 設定の対象となるURLが表示されます。また、全てのタブにこの項目が表示されます。
タイトルタグ メタタグのタイトルタグ<title>~</title>の値を設定します。
テンプレートの設定や各コンテンツのタイトルに関わらず、ここに入力した値が<title>~</title>に優先して出力されます。未入力の場合は、テンプレートの定義内容で出力されます。
メタディスクリプション メタタグのディスクリプションの値を設定します。
テンプレートの設定や各コンテンツの概要設定に関わらず、ここに入力した値が出力されます。未入力の場合は、テンプレートの定義内容で出力されます。
メタキーワード メタタグのキーワードの値を設定します。
テンプレートの設定や各コンテンツのキーワード設定に関わらず、ここに入力した値が出力されます。未入力の場合は、テンプレートの定義内容で出力されます。
クローラー制御 noindex、nofollow、noarchive にチェックされたタグが以下のように出力されます。
<meta name="robots" content="noarchive,nofollow,noindex" />

【OGP設定】タブ

OGタイトル 'og:title'のcontent属性にタイトルを設定します。
<meta property='og:title' content='設定したOGタイトル' />
OGディスクリプション 'og:description'のcontent属性にディスクリプションを設定します。
<meta property='og:description' content='設定したOGディスクリプション' />
OGタイプ 'og:type'のcontent属性にオブジェクトの種類(articleもしくはwebsite)を選択します。
<meta property='og:type' content='選択したOGタイプ' />
OGイメージ 'og:image'のcontent属性に設定する画像を指定します。
<meta property='og:image' content='指定したOGイメージのフルパス' />
Facebook APP ID 'fb:app_id'のcontent属性にfacebookのアプリIDを設定します。
<meta property='fb:app_id' content='設定したFacebook APP ID' />
Twitterカード

'twitter:card'のcontent属性にTwitterのカードの種類(summaryもしくはsummary_large_image)を選択します。
<meta property='twitter:card' content='選択したTwitterカードの種類' />

  • 「summary」 ・・・ デフォルトのカード。タイトル、概要、サムネイル、Twitter アカウント情報が入ります。
  • 「summary_large_image」 ・・・ 基本的にはsummaryと同様ですが、イメージ画像を目立たせたい場合に適しています。
Twitterアカウント 'twitter:site'のcontent属性にTwitter アカウントを設定します。
<meta property='twitter:site' content='設定したTwitterアカウント' />

【追加タグ設定】タブ

</HEAD>タグ直前 公開サイトの</head>タグ直前に入力した内容が出力されます。
<BODY>タグ直後 公開サイトの<BODY>タグ直後に入力した内容が出力されます。
</BODY>タグ直前 公開サイトの</BODY>タグ直前に入力した内容が出力されます。