メールソフトの設定方法(Windows10 メールアプリ) | マニュアル一覧 | CMSなら「ant2-ASP」でホームページ制作!

Manual

CMS操作マニュアル

CMSの操作方法を作業から探せるようにマニュアル一覧にしました。
「こんな時はどうするの?」と迷った場合は、こちらをご覧ください。

メールソフトの設定方法(Windows10 メールアプリ)

メールソフト「Windows10 メールアプリ」にメールアカウントを設定する方法を紹介します。

Windows10 メールアプリにメールアカウントを設定する

Windows10に搭載されているメールアプリは、スタートメニューの「メール」や左図のタイル内の「メール」を選択すると利用することができるメールソフトです。
暗号化接続の場合の設定を行います。

設定方法
  1. メールアプリを起動します。
  2. [アカウント][アカウントの追加]からアカウントの追加設定画面を表示します。
  3. 設定画面に表示された「詳細設定」をクリックします。
  4. “詳細設定”画面で「インターネット メール」をクリックします。
  5. “インターネット メール アカウント”画面で各項目を入力し、[サインイン]をクリックします。
    ※必須項目が未入力の場合は[サインイン]ボタンはクリックできません。
  6. メールアドレス メール管理画面で作成した「メールアドレス」を入力します。
    ユーザー名 メール管理画面で作成した「メールアドレス」を入力します。
    パスワード そのメールアドレスを受信するアカウントのパスワードを入力します。
    アカウント名 メールアプリのアカウント管理に表示される表示名です。任意の表示名を入力します。
    この名前を使用してメッセージを送信 メールの送信先に表示される表示名です。任意の表示名を入力します。
    受信メールサーバー 暗号化接続の場合の受信メールサーバー名(mx00.xxxx-xx.net)とポート番号を下記のように入力します。
    例)mx00.xxxx-xx.net:995
    アカウントの種類 「POP3」を選択します。
    メールの送信(SMTP)サーバー 暗号化接続の場合の送信メールサーバー名(mx00.xxxx-xx.net)とポート番号を下記のように入力します。
    例)mx00.xxxx-xx.net:587
    送信サーバーには、認証が必要です チェックを入れます。
    送信メールに同じユーザー名とパスワードを使用する チェックを入れます。
    受信メールにはSSLが必要 チェックを入れます。
    送信メールにはSSLが必要 チェックを入れます。
  7. メールアドレスの作成が完了し、完了画面が表示されたら[完了]をクリックします。

メールの送受信を確認する

設定したメールアドレス(自分自身)を宛先に指定して[新規メール]を作成し、メールの[送信]を行い、送信したメールが自分に届くかどうか確認してください。

メールアカウントのプロパティを確認・変更する

メニューの[アカウント] → アカウントの上で右クリック → [アカウント設定]をクリックします。

メールボックスの同期設定を変更

“アカウントの設定”画面の「メールボックスの同期設定を変更」をクリックすると、“同期設定”画面が表示されます。
“同期設定”画面では、新しいメールをダウンロードする頻度、ダウンロードするメールの期間、この名前を使用してメッセージを送信、同期オプションを設定することができます。

メールボックスの詳細設定

“同期設定”画面の「メールボックスの詳細設定」をクリックすると、「同期オプション」の下に受信メールサーバー、送信(SMTP)サーバーの設定が表示され、設定をすることができます。