Manual

CMS操作マニュアル

CMSの操作方法を作業から探せるようにマニュアル一覧にしました。
「こんな時はどうするの?」と迷った場合は、こちらをご覧ください。

メールソフトの設定方法(Windows Live メール 2011)

主要なメールソフトにメールアカウントを設定する方法を紹介します。

Windows Live メール 2011

Windows7から標準のメールソフトがWindows Liveメールに変更になりました。
Windows LiveメールはMicrosoftが提供するWindows Liveサービスの一つですが、Microsoftが提供するメールサービスだけではなく、一般プロバイダのメールにも対応しています。

設定方法
  1. Windows Live メール 2011を起動します。
  2. メニューの[アカウント][電子メール] からメールアカウント追加の設定画面が表示されます。
    ※Windows Live メールを初めて起動する場合は、このメールアカウント追加の設定画面が表示されます。
  3. 設定画面の各項目を入力します。入力後、[次へ]をクリックします。
    • 電子メールアドレス
      メール管理画面で作成した「メールアドレス」を入力します。
    • パスワード
      そのメールアドレスを受信するアカウントのパスワードを入力します。
    • 表示名
      メールの送信先に表示される表示名です。任意の表示名を入力します。
  4. サーバー設定の構成画面が表示されます。構成画面の各項目を入力します。入力後、[次へ]をクリックします。

    ■暗号化接続の場合(推奨)
    【受信サーバー情報】
    • サーバーの種類
      POP
    • サーバーのアドレス
      受信メールサーバー名(例:mx00.xxxx-xx.net)を入力します。
    • ポート
      995
      ※「セキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れてください。
    • ログオンユーザー名
      メール管理画面で作成したメールアドレスを入力します。
    【送信サーバー情報】
    • サーバーのアドレス
      送信メールサーバー名(例:mx00.xxxx-xx.net)を入力します。
    • ポート
      587
      ※「セキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れてください。
    ■通常接続の場合
    【受信サーバー情報】
    • サーバーの種類
      POP
    • サーバーのアドレス
      受信メールサーバー名(mail.ドメイン名)を入力します。
    • ポート
      110
    • ログオンユーザー名
      メール管理画面で作成したメールアドレスを入力します。
    【送信サーバー情報】
    • サーバーのアドレス
      送信メールサーバー名(mail.ドメイン名)を入力します。
    • ポート
      25
      ※ご利用のプロバイダーがOutbound Port25 Blockingを導入されている場合は、暗号化接続の設定にご変更ください。
  5. [完了]をクリックします。
送受信の確認

設定したメールアドレス(自分自身)を宛先に指定して[電子メールメッセージ]を作成し、メールの[送受信]を行い、送信したメールが自分に届くかどうか確認してください。

※複数のメールアカウントを設定している場合には、どのメールアカウントで送受信を行っているか分かりにくい場合があります。その場合は、メールアカウントを指定して[送受信]を行ってください。

メールアカウントのプロパティの確認・変更

Windows Live メールの起動画面で作成したアカウント名の上で右クリックをし、サブメニューの[プロパテイ]をクリックします。

【サーバーにメッセージのコピーを置く】

複数の端末で同じメールアカウントを設定し受信する場合や、複数のメールアドレスに転送し複数の端末で受信する場合は、[詳細設定]タブの「配信」の項目内の「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを外して運用すると、すべてのメールが受信できない場合があります。
その際は、1台の端末で運用する、もしくは全ての端末で「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックを入れてメールサーバーにコピーを保存するように設定をして運用してください。

[詳細設定]タブの「配信」の項目内の「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックをするとメールの送受信を行ってもメールサーバー内にコピーが保存されます。メールサーバーの容量オーバーになる場合がありますので、メールサーバーにコピーを保存する場合は、「サーバーから削除する」の日数も合わせて設定してください。