Manual

CMS操作マニュアル

CMSの操作方法を作業から探せるようにマニュアル一覧にしました。
「こんな時はどうするの?」と迷った場合は、こちらをご覧ください。

メールアドレスの作成方法

初期登録のメールアドレスについて

メールアドレス一覧に「ドメイン名+SMTPアカウント(削除不可)」の名前で表示される初期登録のメールアドレスにつきましては、必須メールアドレスになります。メールアドレスの情報および転送先の変更は行わないようご注意ください。
また、こちらのメールアドレスを使用したり、パスワードをお教えすることはできません。メールアドレスを作成する際は、新たにメールアドレスを追加してから、作成を行ってください。

通常の作成方法

  1. 左メニューの「メールアドレス設定」から「メールアドレスの追加」をクリックします。
  2. 各項目を入力します。

    • ユーザー名
      メールアドレスの@マークの左側を入力します。
      ドメイン名が“sample.com”で“info@sample.com”というメールアドレスを作成したい場合は「info」と入力します。
      ※アルファベット大文字は小文字に自動変換されます。
    • パスワード
      メールソフトに設定するパスワードを入力します。(8~16文字英数字推奨)
      ※設定したパスワードはお忘れのないよう、控えるなどご注意ください。
    • パスワード(確認)
      上記と同じパスワードを入力します。
    • 名前
      このメールアドレスを使用する人の名前を入力します。
    • 容量制限
      最大容量までの任意の数字を入力します。
      容量は1ドメインの最大容量制限までご指定いただけますが、全メールアドレスの使用容量がドメインの容量制限に達した場合は送受信ができなくなりますのでご注意ください。
    • アクティブ
      チェックを入れます。メールアドレスを削除せずに、利用だけを停止する場合はチェックを外してください。
  3. [追加]ボタンをクリックして完了です。

CSVでまとめて作成する方法

複数のメールアドレスを作成する場合は、「新しいメールアドレス(メールアドレスの追加)」画面の下部からCSVファイルをインポートすることも可能です。[CSVファイルをインポートする場合はこちらから]ボタンをクリックすると、インポートできるCSVのフォーマットと、インポート画面が表示されます。

メールソフトの設定に必要な情報

暗号化接続の場合(推奨)
受信メールサーバー
(POP3サーバー)
POP3サーバのmail.ドメインの後ろにある()内のメールサーバー名を設定
例)mx00.xxxx-xx.net
メールサーバー情報はメール管理ダイアログに表示されています。


クリックすると拡大します
送信メールサーバー
(SMTPサーバー)
SMTPサーバのmail.ドメインの後ろにある()内のメールサーバー名を設定
例)mx00.xxxx-xx.net
※送信サーバーは認証が必要です。(SMTPAuth)
アカウント名 作成したメールアドレス(例:info@sample.com)
パスワード 作成したメールアドレスに設定したパスワード
受信メールサーバーの
ポート番号
995
※暗号化された接続(SSL)を行うため、「995」を設定してください。
送信メールサーバーの
ポート番号
587
※暗号化された接続を行うため、暗号化接続の種類は「自動」または「TLS」を設定してください。
通常接続の場合(暗号化接続を行わない場合)
受信メールサーバー
(POP3サーバー)
mail.ドメイン名
メールサーバー情報はメール管理ダイアログに表示されています。


クリックすると拡大します
送信メールサーバー
(SMTPサーバー)
mail.ドメイン名
※送信サーバーは認証が必要です。(SMTPAuth)
アカウント名 作成したメールアドレス(例:info@sample.com)
パスワード 作成したメールアドレスに設定したパスワード
受信メールサーバーの
ポート番号
110
送信メールサーバーの
ポート番号
25
※ご利用のプロバイダーがOutbound Port25 Blockingを導入されている場合は、暗号化接続の設定にご変更ください。

搭載メールサーバーでご利用いただける機能

メーリング
リスト
転送設定 WEB
メール
自動返信 迷惑メール
フィルタ
ウィルス駆除
サービス
冗長化
× ×
管理画面のメールシステム → メールアドレス一覧から設定したいメールアドレスの[編集]をクリックします。
メール受信で「一覧」を選択し、転送したいメールアドレスまたはメールボックス(ユーザーID)を入力します。
メールアドレスごとに管理画面にログインを行う必要があります。詳しくは管理画面のヘルプをご確認ください。 自動返信機能は搭載しておりません。 迷惑メールと判断されたメールの件名の先頭に[SPAM]が付加されます。メールが自動的に削除されることはありません。 ご提供のメールサーバーにてウイルスチェックを行っております。 ご提供のメールサーバーは冗長化されております。

スパムフィルタにより以下の拡張子・ファイルタイプのファイルはメール送受信が禁止されます。

exe / vbs / pif / scr / bat / cmd / com / cpl / dll / X-MSDOWNLOAD(application/x-msdownload)
/ X-MSDOS-PROGRAM(application/x-msdos-program) / HTA(application/hta)

※添付ファイル(圧縮ファイル内のファイルも同様)、およびHTMLメールの埋め込みファイルにおいて禁止されております。
※送信者宛に英語のエラーメールが送信されます。